医学部予備校の学費や授業料金はなぜ高い?費用を抑える方法も紹介

医学部予備校の学費や授業料金はなぜ高い?
医学部予備校の学費は高いイメージを持つ受験生・保護者の方は多いのではないでしょうか。

実際、駿台や河合塾など大手の進学予備校と比較して学費・授業料が高額になるケースがほとんどです。

しかし、医学部予備校の料金が高くなるにはそれなりの理由があります。

ここでは、医学部予備校の学費・授業料が高くなる理由を紹介しながら、費用負担を抑える方法まで解説していきます。

医学部受験生や保護者の方はぜひ参考にしてみて下さい。

医学部予備校の学費・授業料が高い理由

医学部予備校の学費・授業料が高い理由

医学部予備校の学費・授業料は200万円~350万円程度が相場ですが、高額なケースだと500万円~1000万円も珍しくありません。

なぜ医学部予備校の学費はそこまで高額になるのか、確認していきましょう。

少人数教育

医学部予備校の学費が高い理由は、少人数制にこだわっている校舎が多いからです。

生徒が少ないため、校舎などの設備費や講師・スタッフの人件費を負担する割合も自ずと多くなってしまいます。

少人数だと生徒へのサポートが手厚くなりますが、その分の料金を負担する割合も増えるため、学費・授業料が高くなってしまうのです。

業界屈指のプロ講師

医学部予備校は合格率が高い校舎が沢山あります。

これは、上記で紹介した少人数教育に加え、予備校業界でも実力あるプロ講師陣を囲い込んでるのも1つの要因となっています。

大手予備校に在籍する講師も珍しくありません。

通常なら大教室でしか授業が受けられない講師から、10名以下の少人数指導・個別指導で授業が受けられるのが医学部予備校の魅力です。

授業の質が高いことは言うまでもありませんが、有名講師はもちろん人件費も高いです。

したがて、生徒1一人当たりの負担割合が大きくなることも相まって、学費・授業料金が高額化してしまいます。

手厚いサポート

医学部予備校は少人数指導であるため、生徒一人ひとりのサポートが手厚いのが特徴。

自己管理が苦手な受験生でも徹底した学習管理を医学部予備校側が行うことで、多くの受験生が医学部合格を勝ち取っています。

ただし、手厚いサポートが受けられる分、講師やスタッフの手間が多く発生するため、その分料金は高くなりがちです。

学費・料金が高くなるケース

医学部予備校の学費・授業料が500万円を超える場合、下記のようなケースが考えられます。

完全個別指導

医学部予備校の場合、少人数クラスの授業スタイルも多いですが、小規模の校舎だと完全個別指導を採用しているケースも多いです。

この場合、大学生アルバイト講師ではなく、プロ講師から1対1のマンツーマン指導を受けることになるため、1授業当たりの料金は非常に高額化してしまいます。

個別指導の場合、一般的な進学予備校でも料金は高額化しがちですので、サポートが手厚い医学部予備校の学費が高いのは言うまでもありません。

料金が高く感じる場合は、まずは授業スタイルを確認してみましょう。

全寮制

医学部予備校の学費が1000万円を超える場合、寮の費用が含まれていることがあります。

年間の賃料と食費が含まれるため、高額な学費とセットで高くなりがちです。

地方受験生で寮の利用を検討している場合、学費だけでなく必ず事前に寮の利用料金も確認しておきましょう。

医学部予備校の費用・料金負担を抑える方法

医学部予備校の費用・料金負担を抑える方法
医学部予備校の学費・授業料相場が高額な理由について紹介してきました。

ここでは、そんな高額な料金を少しでも節約する方法を解説していきます。

特待制度にチャレンジ

意外と特待制度を導入している医学部予備校は多いです。

選抜試験に合格すると、学費の一部が免除になるため、医学部予備校によっては大手以下の費用負担で済む場合もあります。

浪人生向けの高卒生コースで設置している医学部予備校が多いので、ぜひ挑戦してみることをおすすめします。

苦手科目に絞って単科講座を受講

医学部予備校の全日制本科コースは学費が高いです。

もし、費用負担が厳しい場合、1科目から受講できる単科講座の受講をおすすめします。

得意科目は大手予備校等の集団授業や独学を利用し、苦手科目だけ医学部専門予備校の単科講座を受講すれば、費用単は大きく抑えられるはず。

単科講座なら、値段も安い場合も多いので、ハードルは大きく抑えられると思います。

まとめ

今回は医学部予備校の学費・授業料が高い理由を紹介してきました。

学費は高いですが、その分合格実績が豊富な医学部予備校が多いので、本気で医師を目指すなら選択肢として入れておきたいところです。

料金が安くなる特待制度や単科講座もぜひ検討してみて下さい。

質の高い授業を受講しながら対策することが医学部合格への近道となります。